太らないおつまみの食べ方

太らないおつまみの食べ方

飲み会が続くと体重が増えやすいのは、お酒のカロリーだけが問題ではありません。
一緒に食べているおつまみのカロリーも侮れないのです。

 

飲み会にて太らないようにするためには、
糖質の少ないお酒を選んだ方がいいのですが、
それだけでなくおつまみも太りにくい物を選ぶことが重要なのです。

 

居酒屋の料理には揚げ物など高カロリーな物が出てきます。
これらをたくさん食べてしまうとカロリーオーバーになってしまうため、
最初に豆腐や野菜サラダといった物を食べて、
できるだけカロリーの少ない物でお腹を満たすように努めます。

 

また最初にサラダを食べておくと酵素を取ることができます。
酵素は代謝を促してくれる働きがありますので、
食べた物の代謝を助け脂肪に変わるのを防ぐように働いてくれるのです。

 

サラダはヘルシーといったイメージがありますが、
使われている野菜や、ドレッシングには要注意です。

 

野菜の中でもイモ類は糖質を多く含んでいるため、
血糖値を急激にあげてしまい太る原因を作ります。
それなのでポテトサラダなどではなく、
レタスやキャベツといった葉野菜がメインのサラダを選んで食べましょう。

 

またドレッシングも意外とカロリーが高いため、
かけすぎてしまうと太る原因になります。
ノンオイルのドレッシングか何もかけないで食べるのが理想です。

 

また枝豆や豆腐も良質のたんぱく質と
ビタミン、ミネラルが補給できますので
最初に食べるおつまみとしておすすめです。

 

揚げ物は全く食べないとストレスになってしまいますので、
少量だけ食べるようにしましょう。
 


このページの先頭へ戻る