糖質の少ないお酒を選ぼう

糖質の少ないお酒を選ぼう

お酒はエンプティカロリーといってすぐに熱として働きますが、
お酒の種類によっては糖質が多く含まれているものがあります。

 

糖質の多いお酒をたくさん飲むと、
糖質の取りすぎとなりそれがやがて脂肪へと変わっていきます。

 

飲み会で体重や脂肪の増加を気にするのなら、
飲むお酒の種類にも注意をしたほうがいいでしょう。

 

お酒の種類には大きく分けて醸造酒と蒸留酒の二つがあります。
前者の醸造酒の方が糖質を多く含んでいるため、
それらを多く飲んでしまうと糖質も多く取ることになります。

 

糖質を摂りすぎると血糖値が上昇してしまって、
血糖値を下げるインスリンというホルモンが分泌されます。
インスリンは血糖値を下げるだけでなく脂肪を合成を促進する働きもあるのです。

 

それなので糖質の低いお酒を選んで飲んだ方が、太りにくくなります。

 

糖質の多いお酒といえばビールです。
ビールは居酒屋の乾杯で飲むお酒の定番ですから、
それを断るわけにはいきません。

 

最初の一杯だけにとどめておいて、
あとは糖質の少ないお酒を選んで飲むようにしましょう。

 

他にも糖質の高いお酒には、日本酒や梅酒、カクテルがあります。
特にカクテルは砂糖がかなり使われているリキュールを
ベースにしているお酒が多いので、カクテル好きの方は要注意です。

 

ちなみに糖質が少ないのは蒸留酒なのですが、
蒸留酒に分類されるのは
ウィスキー、ブランデー、焼酎、泡盛、ウォッカといったお酒です。

 

これらのお酒はそれ単体で飲むとアルコール度数が高いので、
お湯や水。ソーダで割って薄めて飲みましょう。
 


このページの先頭へ戻る