自分の適量を知って飲むこと

自分の適量を知って飲むこと

体型を気にしているものの、
お酒は飲みたいと思う方が多いのではないでしょうか。

 

特に体型を気にする女性は、
お酒を飲むことで太ることを恐れて飲み会に行くのを我慢していたりします。

 

しかし賢くお酒を飲むコツを知っていれば、
飲み会への参加を我慢しなくても済むようになるかもしれません。

 

お酒を飲んでも太らないためのコツは、自分の適量を知ることにあります。
人によってお酒に対する耐性が異なります。
ビール一杯飲んだだけで酔っぱらってしまう方もいれば、
ビールをジョッキで二杯以上飲んでもほとんど酔っぱらわない方もいます。

 

その差はアルコールの分解能力にあります。
アルコールを主に分解するのは肝臓になりますが、
肝機能が強い方はアルコールの分解も早いのです。

 

アルコールの摂取量が増えると
それだけ肝臓にも大きな負担がかかってしまいます。

 

自分の適量以上のお酒を飲んでしまうと
当然肝臓にかかる負担もさらに大きくなってしまうため、
アルコールの解毒に時間がかかるようになります。

 

すると肝臓のグリコーゲンを貯蔵する働きもどんどん鈍ってしまって、
中性脂肪がたまりやすくなるのです。
おまけに食べた物の代謝も遅れてしまって太りやすくなるのです。

 

そしてお酒を飲み過ぎると自分をコントロールできなくなってしまいます。
すると食欲にもセーブが聞かなくなってしまい
必要以上に食べすぎてしまうという悪循環に陥ってしまうのです。

 

ある程度の適量を知っていれば肝臓に負担をかけることなく
美味しくお酒を頂けますし、それほど太る心配もないのです。
 


このページの先頭へ戻る