お酒を飲んで太るメカニズム

お酒を飲んで太るメカニズム

お酒を飲むと太るので、
ダイエット中は飲み会に行くのを我慢していると言う方も多いのではないでしょうか。

 

ビール腹という、ぽっこりと出たお腹を形容する言葉がありますが、
お酒で太るのは事実なのでしょうか。

 

お酒で太るのはお酒のカロリーが高いからだと思っていませんか?
実はお酒のカロリーで太るのではないのです。

 

まずお酒で太ってしまうメカニズムについて理解をしましょう。

 

実はお酒はエンプティカロリーと言われており、
摂取してもすぐに代謝に使われるのが特徴です。
お酒を飲むと体全体がカーッと熱くなりますが、
それは体内に入ったお酒が代謝に使われているからです。

 

ということはお酒を飲んでも太らないということになります。
しかし問題はその解毒の時に起こります。
お酒が体に入ってきたらまずはそれを最優先に解毒しようと体が働くようになります。
主に解毒をする体の器官は肝臓なのですが、
アルコールが入ってくるとそれを優先的に解毒するように働くため、
その他の機能がおろそかになってしまうのです。

 

肝臓はグリコーゲンと呼ばれる物質を一時的に肝臓に貯蔵しておいて、
体を動かすエネルギー源として蓄えておくのですが、
その働きが鈍くなってしまいます。

 

すると行き場を失ってしまったグリコーゲンが中性脂肪に変化してしまうのです。
そしてその中性脂肪が次第に体脂肪へと変化していきます。
お酒を飲む量が増えると中性脂肪が増えてしまう、
つまり体脂肪が増えて太るということになるのです。

 

またお酒を飲むと胃腸が刺激されて食欲が増してしまいます。
食べる量が増えてカロリーオーバーで太りやすくなります。
 


このページの先頭へ戻る