幹事が飲み会までにやっておくべきこと

幹事が飲み会までにやっておくべきこと

飲み会を開催する居酒屋が予約できたら、
それで一旦幹事の仕事が一段落したと思うでしょう。

 

これからもまだまだ幹事の仕事は続きます。
飲み会の場合、その趣旨にもよりますが
例えば忘年会、歓送迎会といった何かしらの飲み会の目的があるはずです。

 

その場を盛り上げるためにも、
幹事はただ単純に飲んだり食べたりする場所を用意するだけでなく、
当日の飲み会の流れについてもしっかりと考える必要があるのです。

 

例えば忘年会だったとしたら、
会費を少し多めに集めてビンゴゲームを行ったりすると
飲み会も盛り上がることでしょう。

 

そして忘年会の最初や最後には
社長や上役の誰かからお言葉を頂くことで、
忘年会の始まりと終わりにメリハリがつきますし、
最初の乾杯の音頭も誰かにお願いすることで
会場全体に一体感が生まれるのです。

 

また歓送迎会の場合は歓迎、送迎される方に対して
みんなの前で話をしていただく時間を設けたり、
送別される方に対してはお花やプレゼントを渡すセレモニーの時間を設けるなどします。

 

サプライズ的な演出を設けた方が、
よりその場が盛り上がりますので
いろいろな趣向やイベントを考えてみるのも楽しいと思います。

 

飲み会での司会進行は基本的に幹事の役割となりますので、
それも事前打ち合わせで段取りを確認しておかなくてはいけません。

 

飲み会の流れや、その中でやっておくべきこと、
挨拶をしてもらう場合は早めに依頼をしておくなどして、
当日慌てることのないようにしておきます。

 

また飲み会当日は幹事は参加者よりも早く会場入りして、
最終的な打ち合わせや
必要であればお店の方と打ち合わせをしておくといいでしょう。
花凛で飲み会をするときも上記のことに気をつけて楽しい会にしましょう。


このページの先頭へ戻る