失敗しない居酒屋の選び方

予算と居酒屋選び

居酒屋は安くておいしい食事とお酒が楽しめるところです。居酒屋と言っても雰囲気がよく比較的一人あたりの予算が高めなところもあれば、ファミリーレストランのようなところや、お店はあまりきれいとは言えないけれど、とにかく安くて満足のいく食事とお酒が楽しめるところまでいろいろあります。

 

幹事ともなれば参加者が満足してくれて、そのお店を選んだことを自慢できるような居酒屋を選びたいと考えるのは当然のことです。幹事がお店選びをするときには当然のことながら予算を検討します。コースのようになっているところなら予算も立てやすく便利です。

 

ただしお酒はその飲み会に出席する人の面子によって考えなくてはなりません。最近では若い男性はあまりお酒を飲まないという人も多く、一概に男性が多い飲み会ならばたくさんお酒を飲むとは言えなくなっているようです。男性でも女性でも、かなりお酒の飲める人、どちらかというと質よりもお酒の量が大切な人が多く参加する場合には、飲み放題プランを利用するのも予算を立てやすい点で便利です。

 

ただし、飲み放題プランの場合お酒の内容があまり充実していないところもあるので、事前によく確認しておくことが必要です。せっかく飲み放題プランで予約をしても、ほとんど飲まない人ばかりでは無駄だし、そんな人が多い場合にはむしろお料理をランクアップするほうがずっと喜ばれます。居酒屋の宴会で予算を立てるときには、参加する面々のお酒の好みが大切になります。

参加者数は大切なポイント

飲み会の幹事に選ばれたらまず参加者の確認が大切です。
飲み会の会場となるお店を選ぶためには参加者の数を確認しておく必要があります。

 

人数によって個室を予約した方が良いのか、もしくはお店自体を貸切にしてしまう方がいいのか大きく変わってきます。
会場となるお店が決まったら料理の予約です。とりあえず席だけ予約をして当日それぞれが好きなものを注文するという方法もあります。しかし、これでは予算が確定できず思っていたよりも高額になってしまう可能性もあります。少人数の仲間内での飲み会ならそれでもいいかもしれませんが、通常の飲み会の場合にはあまりお勧めできません。やはり予算を確定させるためにも宴会用のコースなどを選ぶほうが良いでしょう。

 

コースを選ぶ際にもやはり参加者数が大切になってきます。
料理の数や量など人数によって頼むコースも変わってきます。当日多少の増減はあるにせよ大まかな人数をお店に伝える必要もあります。お店によっては人数の変更は何日前までなど決まっているところもあります。食材を無駄にしないためにも料理の量が足りないことのないように人数が重要になってくるのです。なかには人数が減ったのにかかわらず料理をキャンセルできずに参加できなくなった人からもお金を出してもらわなくてはならないこともあるのです。

 

このように飲み会をする上で参加者数というのはとても大切なポイントとなるのです。もし幹事になった時には参加者数はしっかりと確認しておきましょう。

更新履歴


このページの先頭へ戻る